暮らし

【体験談】プレゼンで緊張せず、伝わる発表の方法を教えます【解決策あり!】

 

プレゼンテーションの苦手を克服しました。れのるです

プレゼン発表は緊張しますよね。その気持ちすご~くわかります。

この記事では、プレゼンの苦手&緊張する方がどうやって克服すればいいのかを説明していきます。

 

こんな疑問に答えます

・緊張して上手くプレゼン発表できない

・緊張を和らげたい

・具体的に何すればいいの?

 

プレゼン発表が近くなってくると、「あ、やばい緊張してきた」ってなりますが安心してください。

今すぐ実践できますので改善できそうなところから改善していきましょ!

 

ここでは、具体的な行動とメンタルの話をご紹介します。

 

参考にした書籍



 

さっそく見ていきましょう。

解決策:プレゼンの下準備を完璧にしよう

 

プレゼンで緊張してしまう理由は2つあります。

緊張する要因2つ

  1. 準備が足りない
  2. 緊張をコントロールできない

 

準備が足りない

まず初めに「準備が足りない」を説明しますね。

 

結論から言うと、緊張しないためには「プレゼンの下準備を完璧にする」のが1番の解決策です。

プレゼンの内容の下準備を完璧にすると不安要素が払拭され、気持ちがラクになりますよ。

入念な下準備により、焦りを軽減できる!

 

プレゼンの完成度は質問されないくらいを目指すと、緊張しない完成形に近づきます。

パワポに時間が決められている場合は、質問リストをあらかじめ作っておきましょう。

10個の質問に対する、回答を用意しておくと安心ですよ!

 

ちなみに10個用意しておくだけで、質問の70%はカバーできると言われています。

 

議論の練習

もう1つ準備することは「議論の練習」です。

 

プレゼンが上手な人は、生まれ持った才能があるからだ思う方も多いかと思います。

しかし、プレゼンの得意不得意は才能で決まることはありません。

 

プレゼンの得意不得意は、努力によって変えられる

 

プレゼン発表の良し悪しは「議論の練習」することで変わってきます。

 

なので、プレゼンの内容をしっかり作り込むことの他に、発表の練習をする必要があります。

この2つをやることで、緊張を大きく和らげられると思いますよ。

ここを抑えよう!

・プレゼンの内容の準備を作り込む

・プレゼン発表の練習をする

 

参考にした書籍



 

緊張をコントロールできない

 

緊張する要因2つ

  1. 準備が足りない
  2. 緊張をコントロールできない

 

次に「緊張をコントロールできない」を説明していきます。

 

まず前提として、プレゼンで緊張するは88%というデータがあります。

隣の方も緊張していますから、自分を責めないでくださいね。

緊張するのは当たり前ですよ!88%の人が緊張しいるんですから

 

多くの方が緊張しているという事実がある中で、プレゼンを上手にできている人がいるように感じます。

その答えは「緊張をコントロールできている」からです。

 

適度な緊張は、ノルアドレナリンの分泌しパフォーマンスを向上してくれます。

詳しくは「ヤーキーズ・ドットソンの法則」の通りです。

出典:ヤーキーズ・ドットソンの法則とは?最適な緊張感が最高のパフォーマンスをもたらす

 

緊張を和らげる方法

やるべきことはたった1つでOKです。

それは「相談する」こと!

 

人に相談するといろんなメリットがあります。

相談するメリット

・対処法が明確になる

・頭の中が整理される

・気持ちが軽くなる

 

相談すると思考がまとまるだけじゃなく、気持ちも軽くなったりといいことだらけ。

僕は仲のいい友達と電話して緊張をほぐしてるよ!

 

相談1つでこんなに多くのメリットがあるので、ぜひ相談してみて下さいね。

真面目な話を相談できる相手だけにしましょう

 

 

プレゼンのコツ:内容よりも伝え方を工夫

 

ここまでプレゼンは下準備が何よりも大切だということを伝えました。

ですが、せっかく作ったプレゼンが伝わらなければ意味がありません。

そこでプレゼンをする時のコツを紹介します。

 

ここで紹介するのは「非言語コミュニケーション」で訴えること!

 

非言語的コミュニケーション

 

非言語コミュニケーションとは

・外見、表情、視線、身だしなみなどの視覚的情報

・声の調子、強弱などの聴覚的情報

 

メラビアンの法則では、言語的なコミュニケーションよりも非言語的なコミュニケーションのほうが重視されるというものがあります。

 

つまり、どんな内容を話すか以上にどんな話し方でプレゼンを行うべきかを考えることが上手く伝えるコツに繋がります。

 

ポイント

・清潔感のある服装にする

・堂々と話す

・ジェスチャーを意識する

・お腹から声を出す

 

 

まとめ:プレゼンで緊張せず、伝わる発表の方法

 

今回は、プレゼンで緊張せず、伝わる発表の方法をについて紹介しました。

 

最後に今回のポイントをまとめておきます。

プレゼンのポイント

・プレゼンは下準備が1番重要

・議論の練習をする

・あらかじめ質問の答えを10個用意

・緊張をほぐすために相談する

・非言語的コミュニケーションを利用する

 

プレゼンで悩んでいる方は、これらのポイントを抑えて成功させちゃいましょ!

参考にした書籍



 

今回はここまで。

 

-暮らし

© 2020 renolog Powered by AFFINGER5