暮らし

【手術】アキレス腱を切ってめちゃくちゃ苦労した話

 

こんにちは、れのるです。

 

今回は、僕が体験した「アキレス腱断裂」について話していこうと思います。

 

アキレス腱断裂ってなかなか大変ですよ。(笑)

そもそも想像もしたことない方もいると思います。

そりゃそうですよね、ふつう切らないですから(笑)

 

ということで、今回はただのトークなので、時間のある人だけ気楽に読んでいってください!

 

こんな方におすすめの記事

・アキレス腱を切ってしまって、困っている

・なにもやることない暇な人

 

 

 

記事の内容

・アキレス腱がなぜ切れたのか
・アキレス腱が切れたときの感触
・1週間後の手術
・入院生活
・退院後の生活
・苦労した&得たもの
・終わりに

 

 

なんでアキレス腱が切れたの?

 

アキレス腱が切れる理由

 

そもそもなんで、アキレス腱が切れたの?と思うかもしれないですが、切る理由は2つあります。

 

①急に負担をかけすぎた場合
➁何もしてないのに切れてしまう場合

 

僕の場合は、あいまいですけど➁のような気がします。

 

こうして切れた

 

僕は高校の部活でバドミントンをしていたのですが、いつものウォーミングアップをしているときになぜか切れました。

 

バドミントンには、フットワーク(コート内を移動しながら素振り)というものがあります。

そのジョグでいつもみたいにジャンプしたんですよね。

 

着地したら、バンッ!!!

 

最初は何だ!?

みたいな感じです。

 

でも気づいたんですよ。痛みに。

 

しかも片足立ちしてる。(この時、足見てない

 

あれ待って、足折れてね??みたいな感じ。

恐る恐る足を見ると何にもなってませんでした。

 

そこで、なーんだって感じで足をついたら、、、カクッ

 

そう、アキレス腱切れてるので立てないんですよね(笑)

 

そしてまた来る痛み、、、

そこからは友達に肩を借りて、保健室に行きました。

 

そこから保健の先生に「あ、ない」っていわれました。

アキレス腱触ると、そこに腱がないんですよ

 

ってことで、すぐに救急車で運ばれました。

 

 

手術当日

 

病院に運ばれると、すぐに「アキレス腱完全断裂」の診断が。

 

後日、MRI検査するのでまた病院に来てくださいとのこと。

 

でっかい機会に入れられ検査が終わったとき、手術の話になりました。

自然治癒、手術どっちか選んでいいよと言われメリットとデメリットを聞いて手術に決めました。

即決です。

 

手術のメリット

・治りが早い
・今後も運動できる

 

デメリットは特にないみたい!

しいて言うなら、怖いくらい?笑

 

自然治癒のデメリット

・治りが遅い
・今後、運動できなくなる可能性がある

 

メリットはお金がかからないといったところでしょうか。

 

っとまあ、今後のことも考え手術に決めました。

 

 

〈 手術当日 〉

僕はせっかくやるなら、面白くなきゃ!

僕はアホなので、麻酔を耐えるを決意。

 

医師 )「 手術室で今からガスタイプの麻酔しいていきますね 」

アホな僕 ) 「 わかりました~(きたきた!(全力で腹筋に力入れ始める 」

 

麻酔 )「しゅぼー 」

アホな僕 )「 しゅん、、、 」

 

気が付くと僕の病室。

医師 ) 「無事に終わりましたよ(^^♪ 」

アホな僕 ) 「 なにーーー!?!? 、、、しゅnn 」

 

麻酔の効果でまた寝た。

 

手術当日はこんな感じ!

 

これから手術の人は怖がらなくていいよ!!

 

 

地獄の入院生活

 

約1週間半の入院をしました。

「 地獄の入院生活 」と書いていますが、実際はただただ暇だっただけです。

 

体感時間は1年くらいかな 笑

 

病院ではWi-Fiが使えなかったため、YouTubeやアニメを見たりすることもできず、ずっと本を読んでいました。

 

それまでも多少は本好きでしたが、ここでかなり好きになりましたね!

 

その時、読んでいた本は、僕の好きな『 住野よる 』さんの本です!



 



 


どーでもいいけど、この時にブログをやっていればと思いますね。(笑)

 

あ、もちろん『 君の膵臓をたべたい (双葉文庫) 』も読みましたよ!

個人的には映画より、この原作のほうが好きでしたね!

 

 

おっと、話が逸れました。

 

で何が言いたいかというと、入院生活は毎日読書!

1日2冊読むこともありました。

 

懐かしい

 

病院食はおいしくないと聞きましたが、普通においしいご飯でした!

ホント良かった!(僕の場合は、ケガだからかも

 

入院生活がそこまで地獄にならなかったのは、毎日友達が来てくれたからなんです!

マジうれしかった!

 

その中に毎日来てくれる人もいました(暇人かよ 笑

人脈合ってよかった~

 

しゃべったことない人とかも来て、びっくりしたのもいい思い出です。

 

 

退院後の生活

 

結局、全治半年~1年と言われた僕は、いろんな人に助けられながら生活しました。

松葉づえなしでは歩くことができず、必ず支えてもらっていましたね。

 

ですが、退院後はあっという間に時間が過ぎ、気づいたら治っていたという感じ!

最近のことだけど、もう覚えてないので割愛!笑

 

 

苦労した点&得たもの

 

苦労した点はともかく、得たものなんてあるの!?

と思うかもですが、実はあるんですよ。

 

苦労した点

・はじめは1人で歩けない
・座れる体制が決まってる

 

得たもの

・信頼

 

正直、アキレス腱を切るまであんまり人を信用していませんでした。笑

なんか、裏があるんじゃないかって思っちゃうんですよね

 

でもいざ、いろんな人に助けられると、人って優しいんだなって感じました

 

そういう意味で、信頼を得たのかなと思います

 

 

おわりに:いい体験だと思ってます

 

多くの人がなかなか味わわないこと、僕結構あるんですよね(笑)

 

他にも車にひかれたり、アナフィラキシーショックで倒れたり、、、

 

そういった特殊なこと多めの僕が、今回、『 アキレス腱を切った話 』について話てきました!

 

 

いかがでしたか?

 

誰かの暇つぶしになれば幸いです。

 

 

ってことで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-暮らし

© 2020 renolog Powered by AFFINGER5